水泳は有酸素運動と無酸素運動を同時に行う!

ダイエットと聞いて走ること以外に思いつくのは何でしょうか?

またジムに行って筋トレ以外で何をする?と聞かれたら何を思い浮かべるでしょうか?

そうですね、やはりダイエットをすると聞いたら水泳を思い浮かべる人はかなりの人がいるでしょう。

ただ40代男性のブヨブヨした身体を出すのは嫌だ!と思っている人がいるかもしれません。

しかし水泳ダイエットは消費カロリーも大きく有酸素運動で脂肪を燃焼してくれますから、ぜひ取り入れたいところです。

さらに無酸素運動も同時に行っており、男らしい体つきを手に入れたい方にもおすすめのダイエット方法です。

消費カロリーが大きいので効果が抜群!

水泳がなぜダイエットに適しているかというと、消費カロリーがかなり大きいことが挙げられます。

水の中で浮いたり歩いたりするだけでも、負荷がかかるんですよね。

さらにいえば、水圧がかかるため筋肉がバランスよく鍛えられることも知られています。

こんなにメリットの大きい水泳ダイエット。試してみる価値はありそうです。

とはいっても「水着になるのが面倒だ」と思っているあなたにどれくらいの消費カロリーがあるかをお伝えいたします。

1日に30分平泳ぎで泳ぐだけで約300キロカロリーの消費カロリーとなります。

これはランニングで5キロくらいを走らないといけませんね。

30分くらい一生懸命に走らないとこれだけのカロリーは消費できません。

時間のない40代だからこそ効果的なダイエットをするべきではないでしょうか。

それよりもさらに効果的にカロリー消費をするのはやはりクロールです。

1時間で約1000キロから1300キロカロリーを消費できるとのこと。

自分に合った泳ぎ方で楽しんでできればいいですよね!

水泳に行く頻度は?週何回くらい行けばよい?

ではこれだけ効果のある水泳はどれくらいすることができればいいのでしょうか?

実際に実例で出していたサイトがありましたので、それをがっつり読んでみました。

週2回なら緩やかに痩せていく。週1愛では痩せないとなっていました。

そして週4回行けばすごく痩せるということも実例として紹介されていましいたので、最低でも週2回は行っておきたいところです。

そして距離は1.6キロくらい泳ぐということでしたが、時間の方を気にした方がいいでしょう。

約1時間くらいは泳いでいたとのことですので、参考にしましょうね!

短期間でがっつり痩せるには2日に1回のペースで行けばかなり減量できる可能性が高いことがわかりましたね!

水泳ダイエットで大事なのは食事!

水泳ダイエットで本当に重要なのはこの部分だといわれているのが食事です。

消費カロリーが大きい分、つい食べすぎる人が多くなるというのもこのダイエットで痩せない人の典型だそうです。

要するにこれだけ頑張ったから、これだけ食べても大丈夫という甘えが生じるんでしょうね。

なので、食事を普段と同じ量で、そして水泳ダイエットをすれば確実に痩せれると思います。

では水泳ダイエットのメリットとは一体なんでしょうか?

水泳ダイエットのメリットとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする