水泳ダイエットのメリットとは?基礎代謝を上げる体が作れる!

記事を書いてきましたが、走っても痩せない人は水泳ダイエットが最もよさそうな感じですね。

なぜかというと当サイトの管理人もかなり走ってはいますがダイエットの効果はちょろちょろ。

次に何をしようか、となったときに始めたのがこの水泳ダイエットだからです。

実際にこの方法を行う前にもう一度メリットを考えてみましょう。

水の中なので浮力と水圧がポイント

水の中で運動をするわけですから、陸地での運動とは少し勝手が違いますね。

その水の中で行うということが最も重要な要素となります。

まずは浮力がありますので、足の関節への負担が軽減されます。

膝や腰などに対する負担が激減しますので、腰痛を持っている可能性が高い40代には最適な方法となるでしょう。

また水の中ですので水圧がかかるということは見逃せません。

水圧によって体が刺激され、筋トレせずとも筋トレ効果があります。

また心肺機能も強化されますね~水の中にいると多くのメリットがあるのです。

ジムや市民体育館での屋内なので雨でもできる!

そして走るダイエットとの一番の違いは天候に左右されない点でしょうか。

ランニングはどうしても天候に左右される側面はどうしてもあります。

確かにジムで走れば天候は関係ないかもしれませんが、基本的に屋外で走りたい人も多いと思われます。

私はジムでのランニングマシンや同じところでずっと走るよりも景色が変わっていく方が楽しいですので、屋外で走っています。

そんな人は雨の日はできないことになります。

でもプールは基本的に屋内ですから、雨が降っても関係ありませんね。

雨で行きたくない!と思う人は別ですが…

ストレス発散と体幹が鍛えられる

そして泳いでいるとwかりますが、泳ぐことは結構ストレス発散になりますよ!

やはり全身運動だからかもしれませんが、クロールなんかで泳げば思い切って腕を振れますもんね。

やはりそれは泳いでいる時ならでは、ということがいえると思います。

また体幹を鍛えられることになります。

いわゆるインナーマッスルというものが鍛えられますので、ぶよぶよしていた身体もいい体つきに変化していきます。

もちろんすぐに効果が出るものではありませんが、筋力が上がることによって基礎代謝を上げることにも役立ちます。

いいことずくしのように聞こえる水泳ダイエット。ではデメリットはあるのでしょうか?

水泳ダイエットのデメリットは?

デメリットというほどのものはないとは思うのですが、ジムに入会しなきゃいけないのはデメリットかもしれません。

市民体育館などでも全然いいとは思うのですが、時間制限とかあると40代男には厳しい部分がありますね。

その点ジムですと、夜遅くまで空いているところもありますし、やはり選択肢はジムになってくるかと思います。

でもジムって長続きしないんだよな~なんて声が聞こえてきそうですが、これまで続かなかったのは筋トレを中心とした人が多かったのでは?

一度頑張ってプールに行くためにジムに通ってみようではありませんか!

東〇オアシスでもティップネ〇でもKONAM〇でもいいので一度キャンペーンの時に入会してみてくださいね!

水泳ダイエットで昔の自分を取り戻そうではありませんか!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする