ランニングの時に気を付けるべきポイントは?

ランニングダイエットについてここまでいろいろと書いてきましたが、実際に初めて見ると続かなかったりと大変なこともあります。

ただ強い意識をもって取り組んだとしても、気を付けなければならないポイントというのはありますね。

そのポイントを5つに絞って書きました。

このランニングダイエットを効果的にするためにもこのポイントをしっかりと押さえて走るようにしましょう!

水分補給をする

やっぱりランニングといえば汗がたくさん出ますので水分補給が必要です。

東京マラソンや大阪マラソンでも、途中で水分補給処があるようにやはりランニング終わったら家でしっかりと水分補給をしましょう。

脱水症状になってからでは遅いです。

適切な水分補給は身体のためにも必要です。

夏場は気温の低い時に走る

もし屋外でランニングをしている方であれば、昼間の気温が高い時にはやめておきましょう。

特に夏になると7時8時にはかなりの高温になっています。

それで走って熱中症になったら大変です。

特に今の時代は最高気温が36度とかになったりしますので、走るときは30度以下をできれば25度以下で走りたいところです。

裸足では走らない

これは自分自身の体験でもあるのですが、裸足で走るのはやめておきましょう。

もし裸足で走ると靴擦れを起こしてしまい気になることがあります。

かかと部分だけではなく足の裏も靴擦れをおこしますので、裸足で走るのは禁止だと思ってください。

靴擦れなんて起こすともう足が出なくなって走れないですから。

ランニングアプリを導入する

人間というものは怠け者ですので、きちんと記録を取っておくことが重要です。

多くのランナーが入れているアプリがランタスティック.com だと思うのですがその都度メールが来て今週はどれぐらい走りましたと言ってくれるので、それだけでも大きいです。

また過去の記録を残しておいてくれているので、自分の記録の伸びや衰えがよくわかるのもおすすめ。

iPhoneであれが、PROを導入するだけで音声コーチも入ったりしますので是非入れてくださいね!

20分以上は必ず走る!

そしてランニングダイエットで一番気を付けてほしいことがあります。

それが、20分以上は必ず走るということですね。

ランニングは有酸素運動ですので、脂肪を燃焼してくれます。

しかし、それは運動開始後20分以降の話ですので、15分くらいのラニングであれば全く意味はありません。

しっかりと脂肪を燃焼させるためにも20分は最低でも意識をおいてほしいポイントになります。

まとめ

ランニングで気を付けるべきポイントについてここまでまとめてきました!

ただ重要なことはしっかりと脂肪を燃焼させることにあります。

ここでサプリなどの補助食品を摂るのもいいと思います。

脂肪の燃焼をサポートしてくれるものであればダイエットの効果はあがるでしょう!

脂肪吸収・脂肪燃焼サプリは本当に効くのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする